坂本長利 独演劇『土佐源氏』
     ※画像をクリックをすると、チラシを拡大してご覧いただけます。

■ 公演の概要
民俗学者・宮本常一著『忘れられた日本人』に収められている『土佐源氏』は、著者が昭和16年の冬に高知の山奥・梼原(ゆすはら)で出会った盲目の元馬喰(ばくろう・牛馬仲買人)から聞いた話をもとに書かれたもの。
ひたむきに生きる男の愛と性の物語は、単なる「色ざんげ」という言葉では言い表せない美しさを放っている。
坂本長利自らが舞台化し、1967年12月の新宿モダンアート(ストリップ劇場)での初演から51年、国内外で
1200回を超える舞台に立ち続けている。1985年紀伊國屋演劇賞特別賞、2000年旅の文化賞を受賞。
2017年12月に、NHK Eテレで放送されたドキュメンタリー番組「ETV特集」は、大きな反響を呼んだ。
演じるとはどういうことか、役者の真髄に迫る必見のステージ!!

日 時   2019年1月5日(土)14時開演、終演予定15時45分 アフタートークあり
       2019年1月6日(日)14時開演、終演予定15時15分 アフタートークなし
       ※両日とも13時30分より開場いたします。
        1月5日は坂本長利、劇作家・長田育恵氏、演出家・扇田拓也氏による
        30分間のアフタートークを行います。

        
長田育恵 てがみ座主宰の劇作家。民俗学者・宮本常一と彼を支えた渋沢敬三氏を
                 描いた戯曲「地を渡る舟」にて、2015年文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞。
        扇田拓也 演出家、俳優。てがみ座「地を渡る舟」公演の演出を手掛ける。
                 父の故・扇田明彦氏は50年前の初演「土佐源氏」を一番最初にメディアに
                 紹介した演劇評論家である。


料 金   4,800円 全席指定

会 場   座・高円寺2  杉並区高円寺北2-1-2 Map
        JR中央総武線(東京メトロ東西線乗入)「高円寺駅」北口より 徒歩5分
  
出演者  坂本長利

■ チケットのお申し込みについて
チケットのお申し込みは、下の 「チケットお申し込み」 ボタンから行ってください。
折り返し「お申込み確認メール」(自動配信)が届きます。
(スマートフォンからでお申込みされる場合は、パソコンからのメール受信ができる設定にしてください。)
お座席の確保ができた場合は、メールに銀行口座が記載してございますので、7日間以内に代金のお支払い
手続きをお願いいたします。入金確認後、チケットを郵送いたします。

・お客様による座席の指定はできません。
・チケット送付手数料はいただいておりません。
・ご購入いただきましたチケットのキャンセル、返金はできません。
・未就学児童のご来場はご遠慮ください。
・車椅子席をご利用の場合は事前予約が必要です。お申込みの際にお申し出ください。
・お申し込み受付期間は2018年12月30日(日)迄です。以降は電話にてお問い合せください。
 響和堂 専用ダイヤル 080-4200-0808

1月5日(土)公演 1月6日(日)公演
  ※1月5日(土)公演のチケットは
    完売いたしました。

                                    
    ⇒ ●プライバシーポリシーについて
Copyright(c) Kyowado. All Rights Reserved.